衝撃的な出来事

   

【「日本は真の友」 日本調査チームが台湾に到着】ありがとうの声集まる

     

2月6日未明に台湾南部で起きたマグニチュード6.4の地震。

現地の被災状況を把握するため、日本の「予備調査チーム」が6日夜、高雄市に到着。7日午前には、被害が最も大きい台南市に入り、現地の職員と共に16人の死者が出たマンション倒壊現場などを視察しました。

倒壊した建物の中に取り残されているとみられる人たちの状況や、救助活動の態勢などについて台南市の頼清徳市長などから説明を受け、要請があった場合はすぐ支援が出来る状態のようです。

このことを台南市長である頼 清徳(らい せいとく)さんがフェイスブックに投稿し、瞬く間に6万以上の「いいね」が集まりました。

 12513585_1241340079216342_6158413619981472120_o 12514004_1241340029216347_402101339094643381_o
           

     

最近の投稿